5分で身につく!ニキビ隠しにおすすめの4つの方法

メイクを駆使してニキビを隠すことが出来ます。
テクニックさえ知ってしまえば、いざという時に便利ですよね。

 

 

コンシーラーを用意しましょう

化粧下地でしっかりベースの土台を作ったら、まずコンシーラーを麺棒などでニキビの上に乗せます。
その後、普段使いのファンデーションで隠していきます。
コンシーラーの周りは指先でぼかしておきましょう。
また赤みニキビの場合の下地は緑色がベストです。

 

 

凸凹が気になる場合

凸凹が気になる場合は先にコンシーラーで凸凹部分を埋めておくとその後のメイクが楽になります。
ファンデーションがヨレやすいですが、コンシーラーで滑らかにしておくと崩れにくいメイクが完成します。

 

 

コンシーラーを使う順番を確認する

実はこれが間違っている人が多く、逆目立ちしている女性もいるようです。
まずはパウダーファンデーションを使うのはコンシーラーの後なのです。
先に下地を作り、その上にコンシーラーでニキビを隠し、周囲をぼかしてから、肌に負担の少ないパウダリーファンデーションをふんわり乗せるのが最もバレない方法です。

 

 

フェイスパウダーを使ってみる

ルースパウダー、プレストパウダー、フィニッシュパウダーなど色々呼び名がありますが、どれもフェイスパウダーとなります。
ピンク系、オークル、イエローなど色味も揃っています。
このフェイスパウダーを使うことによってニキビをふわりと隠すことが可能となります。
仕上げにフェイスパウダーを乗せるとまた違った雰囲気を持つことも出来ますから、自分の色に合ったフェイスパウダーを見つけましょう。